ロックとお酒とバイクを愛するロマネスクのマスターは、レッド ツェッペリンとスズキのバイクがお気に入り!

ジョン・ボーナムのベントレー

ジョン・ボーナムのベントレー

1972年8月、ジョン・ボーナムが南フランスへのバカンスに出掛ける前に、インタビューに応じている。

「レッド・ツェッペリンは田舎の別荘やロールス・ロイスを買ったりするのに忙しいので、もうコンサートをやったりレコードを出したりしないって言われてるけど、メンバーでロールス・ロイスを持ってるヤツなんていないよ!ボクたちは、いつだって仕事してるんだ」

しかし、「1970年に、ボンゾはロールス・ロイスを含む8台の車を買っている」という記録もある。

ジョン・ボーナムはロールス・ロイスを持っていないにしても、
ピーター・グラントはこう語っている。

「ボンゾは私が知ってる限り。ほかの誰よりもスピードの出る車を持っている。バーミンガムのカーディーラーは、みんな彼のおかげで食ってるようなもんだ。」

ウーン・・・もしかしたら、
「Led Zeppelin The song remains the same」(永遠の詩)のなかで
ボンゾがドラッグレース場で乗ってたホットロッドも、彼が個人所有していた車かもしれない・・・・

そんなことを考えていたら、以下の記述を発見した。

「1973年1月2日。シェフィールド・シティー・ホールへ向かう途中で、
ジョン・ボーナムとロバート・プラントが乗ったベントレーが故障した。
二人はヒッチハイクして、無事シェフィールド・シティー・ホールへ到着した。」

このベントレーがボンゾの愛車だった可能性があります。
ベントレー社は1931年にロールス・ロイスに買収された後は、ベントレーとロールス・ロイスはほとんど姉妹車です。ブランド名の違いだけ。

ベントレーは、ジョン・レノンの愛車でもあり、キース・ムーンの愛車でもありました。二人とも、ロールス・ロイスを購入する前にBentley S1を購入しています。

ジョン・ボーナムがベントレーを購入していた?とすれば、どんな車だったのでしょうか?
ボンゾが中古車を買うはず無いので、ベントレーの1971年型を見てみましょう!T1 Long Wheelbaseというモデルです。

ベントレー1971年型

・・・でも、待てよ。
新車のベントレーが、故障したというのは、おかしいですね。
もしかしたら、クラシックカー・マニアのピーター・グラントの影響で、
ちょっと古いベントレーを買ったのかも!?

1940年型のクーペ

1940年型のクーペです。ボンゾが好きそうだと思うのは、私だけでしょうか?

1949年型のクーペ

1949年型のクーペ。これもカッコイイですね。

1953年型のクーペ

これは1953年型のクーペ。ロールス・ロイスには無いスポーティーな感じ。

1957年型S1

1957年型S1。これはジョン・レノンの愛車でもあり、キース・ムーンの愛車でもあったS1というタイプですが、フェンダーからボディーサイドにかけての優雅に流れるラインが珍しいです。

やはり、イギリス人のロックン・ローラーにとっては、最高峰の国産車というのは、権威主義の象徴のようなロールス・ロイスよりも、ベントレー!ということなのでしょうか?

ピーター・グラントの愛車でも述べたように、ベントレーは1924年~1930年にルマンで5回の優勝を飾っています。
1931年にロールス・ロイスに買収された後はレース活動から離れてしまいますが、ベントレーには、そんなレースカーのブランド・イメージが残っていたのかも?

そして、たとえロールス・ロイスを買ったとしても、サイケデリックにペイントしたり、プールに沈めちゃったりするわけです。
もし、ジョン・ボーナムが生きていて、ロールス・ロイスを買ったならば、きっと、ホットロッドに改造しちゃったに違いありません。


ジョン・ボーナムのT型フォード1は、こちら
ジョン・ボーナムのT型フォード2は、こちら


レッド・ツェッペリン館へ


クルマの目次に戻る_____エッセイの目次に戻る_____日本公演へ_____HOMEに戻る

powered by Quick Homepage Maker 4.16
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional