ロックとお酒とバイクを愛するロマネスクのマスターは、レッド ツェッペリンとスズキのバイクがお気に入り!

ジョン・レノンのベントレー

ジョン・レノンのベントレー

ビートルズのファンでなければ、あまりその存在を知られていないのが、
ジョン・レノンのロールス・ロイスがサイケデリックにペイントされる前から
所有していた1956年型ベントレーS1。

そしてこのベントレーS1も、みごとにサイケデリックにペイント
されていたのでした。
ボクから言わせると、このベントレーS1の方がサイケ度では
ロールスロイスの上をいってると感じるのですが、いかがですか?

1956年型ベントレーS1

このベントレーS1は2000年に競売にかけられて、現在フロリダ州のサラソタ・クラシックカー博物館にあるらしい。

ジョン・レノンはロンドンで、このベントレーにジミ・ヘンドリックスやブライアン・ジョーンズを乗せて、しばしばクラブに出かけたそうだ。

ロールスロイスはオランダのアーティスト・グループ「The Fool」が、
ペイントを担当していて、ジョン・レノンがどこまでデザインに関わったか?
は謎ですが、このベントレーS1はジョン・レノン自身のデザインっぽいですね。

1956年型ベントレーS1

ボクはこのベントレーS1、LSDのトリップ感たっぷりだと思いますが。
ロールスロイスの方には、サイケデリックにペイントするにしても
多少の品格が必要だったということでしょうか?

ロールスロイスもベントレーS1の存在が無ければ、充分サイケデリック
なんですがね。

サイケデリックなミュージシャンのポスターを描きまくり、
フラワームーブメントのブームに乗りまくったボブ・マッセのリトグラフは、
素晴らしい作品なんだけど、ボクにはアールヌーボーをサイケデリックという
フィルターを通した焼直しにしか見えません。

そこまでは言いすぎかもしれないけど、装飾美としてのサイケデリックが、
様式として確立してしまったら、トリップも反体制も無い、と思う。

そういう意味ではこのベントレーS1は、美しいジョン・レノンのロールス・ロイス
よりも確実にブットんでいるのです。


ジョン・レノンのベンツへ_____レッド・ツェッペリン館へ


クルマの目次に戻る_____エッセイの目次に戻る_____日本公演へ_____HOMEに戻る

powered by Quick Homepage Maker 4.16
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional