ロックとお酒とバイクを愛するロマネスクのマスターは、レッド ツェッペリンとスズキのバイクがお気に入り!

スズキ GT380

スズキ・GT380

大好きなバイクなんだけど、ちょっと私の体格では重すぎるかな?
ということで、もっぱらGT250に乗ってきました

GT380は3気筒なのに4本出しのマフラー!
そのためだけではないんだろうけど、車重は183Kgもある

スズキ・GT380

国産初の集合管バイク、ホンダの CB400 Fourが発売されたのが
1974年だから、GT380が発売された1972年には
まだ集合マフラーという発想は無かったのかな?

ホンダ・CB400 Four

GT380のキャッチコピーに
「2ストローク・3気筒・4マフラー」・・・ってのがあったけど
ただのゴロ合わせですね
ウーン?
SUZUKIファンの私としては、悲しくなるような頭の悪さを感じてしまう

そういえば、GT380のスペックを見ると
「最高出力38馬力・最大トルク3.8kgm・軸間距離1380mm」
・・・と、38を多用している

この中に、まさか、故意に合わせた数字は?
・・・・・・無いことを祈りますよ、スズキさん!

まあ、あの時代は「マフラーが多い方がカッコいい!」
というような風潮が無きにしもあらず・・・だったのかな

だいたい、バイク雑誌の通信販売コーナーには
「ダックス用分散マフラー」とかワケわかんない物が売ってたくらい!!

当時、地方の田舎でバイクにのっていたボクたちは
「都会では、こんなものが流行ってるんだ!」
と唯一の情報源であるバイク雑誌をみながら青春していたんです


バイクの目次に戻る__エッセイの目次に戻る__HOMEに戻る__レッド・ツェッペリン館へ

powered by Quick Homepage Maker 4.16
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional