ロックとお酒とバイクを愛するロマネスクのマスターは、レッド ツェッペリンとスズキのバイクがお気に入り!

ポスター

ポスター

ロマネスクには、狭い店内のいたるところにポスターやチラシをべたべた貼っていました。
バンド関係や芝居関係の出入りが頻繁になって、しまいには店内には公演告知などが貼りきれなくなり、店外階段の壁まで占領していったのです。

店内のポスターの何枚かは、開店当時から閉店まで貼られていたものもあります。
今は一枚も手元に残っていませんが、インターネットのおかげで、なつかしいあのポスターに、こうして再会することができたのです。


easyrider

イージーライダー

これはポスターではなく日本版パンフの表紙です。
パウチしてテーブル席前の鏡に開店当時から閉店までありました。
この「イージーライダー」何回、映画を観たことだろう?
「三鷹オスカー」というリバイバル映画館でのこと。前の席のカップルは、「イージーライダー」がお目当てでは無かったらしく、イチャイチャしながら暇をもてあましているみたいだった。
そして、いよいよ問題のラストシーンになったとき・・・・・
女の方が「ウソ!・・・・・」とつぶやいた。よっぽどショックだったのだろう。それ以来、ふたりとも静かになったのでした。

デートで映画を観るときは、内容を調べてから行ったほうがいいよ。

やられたらやりかえせ


山谷─やられたらやりかえせ

山谷を舞台にした1985年のドキュメンタリー作品で、日雇い労働者達の過酷な労働と闘争を描いている。

制作過程において2人が暴力団に殺されている。

今でも年に数度、都内を中心に全国各地で自主上映会が行われているが、これは当時の自主上映会のポスター

誰が持ってきたか覚えてないが、開店してまもなくの頃からけっこう長期間ドアの裏に貼っていました。
xxx
xxx
xxx

プロパガンダ
プロパガンダ「No Wave II」

これもみごとみに開店当時から閉店まで、天井に貼りっぱなしでした。
このポスター、何かというと、A&Mレコードのプロパガンダ「Propaganda」というオムニバスアルバムの付録。分かりますか?ギター弾いてるの、毛沢東です!
A&Mレコードでは1978 年に「No Wave」というパンク・ニューウェイヴ系のオムニバス・アルバムを発売していて、これはその第二弾。1979年に「No Wave II」として発売したものです。
今となっては、かなり貴重なものでは?

TheWho

TheWho

なんかのアルバムの付録だったと思うんだけど。
ウーーん、申しわけないけど覚えてません。

ミラー横の納戸?の扉に、けっこう長い期間貼ってたね。
ザ・フーのレコードはレッド・ツェッペリンの次くらいに、ホントよく掛けました。



泥比沙子

泥比沙子
都立家政スーパーロフトライヴ」

イヤー・・・このチラシ、インターネットで見つけたときはビックリ!
感激したというか、呆れたというか?いやいやよくぞ残しておいてくれました。
でも、このキャッチがすごいよね。
「私こそドブの底から わいて出て来た本物の馬鹿よ!」だって。
ボク、このとき比沙子さんと直接お話したんだけど、「本物の馬鹿」ッテいうか、もっとヤバイかんじでした(笑)

ボクたちのバンドも「都立家政スーパーロフト」に出演してたけど、ほんとうにコアな連中ばっかりでしたね。まあ、頂点は「ハナタラシ」の殺人ライヴだったけど・・・
そういえば、中村あゆみの「翼のおれたエンジェル」のプロモーションビデオは、ここで収録したんです。ボクも立ち会いました。ってゆうか、気が付いたら照明手伝ってた。
xxx


資料館・ドアへ_____
資料館・文庫へ_____資料館・閉店記念文集へ_____HOMEに戻る_____エッセイへ

powered by Quick Homepage Maker 4.16
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional