ロックとお酒とバイクを愛するロマネスクのマスターは、レッド ツェッペリンとスズキのバイクがお気に入り!

ロマネスクのオーディオ

ロマネスクのオーディオ

■スピーカー/JBL L26

■プリメインアンプ/ラックス L309Ⅴ

■プレーヤー/テクニクス SL1300MKⅡ

■カートリッジ/オーディオテクニカ AT34EⅡ

スピーカーはJBLでは小型のブックシェルタイプL26という2ウェイ。
JBLのLシリーズには、L16/L26/L36 と3つのタイプがありました。
その中の中間サイズがL26。

画像の説明

当時のオーティオ専門誌によると、L26がバランス、定位とも一番優れている
という評価だったからです。
途中でウーハーのダンパーがヘタってきたので、コーン紙を張り替えました。

常連さんで元サンスイの技術者がいて、船便での取り寄せから張り替えまで、
すべてやってもらいました。
サンスイは、その昔JBLの輸入代理店だったのです。

じつはこの技術者の方、2008年、東京都中野区に
「自作真空管アンプでJAZZが聴ける居酒屋/ルート・セブン」を開店しました。

アンプは一時期、真空管のイコライザーアンプをラックス L309Vの
パワー部へ接続していたことも。
しかし、どうもRIAAカーブが違っていたみたい。

画像の説明

画像の説明

サウンドの目次に戻る___エッセイの目次に戻る___レッド・ツェッペリン館へ___HOMEへ

powered by Quick Homepage Maker 4.16
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional