ロックとお酒とバイクを愛するロマネスクのマスターは、レッド ツェッペリンとスズキのバイクがお気に入り!

中学のプラモデル生活

中学のプラモデル生活

中学へ入学すると、お決まりのコースとして、男の子だったら必ず通過することになっている「ドイツ軍」に狂いました。
田宮模型の「1/35 ミリタリーミニチュアシリーズ」が充実しはじめてきて、戦車ばっかり作った時期があります。

ドイツ IV号戦車J型

IV号戦車は何台も、いろんなバージョンに改造しました。でも、とうとう、戦車作りが必ず遭遇する(ホンマかいな?)「車輪塗装嫌い症候群」におそわれたんです。つまり、戦車には付きものの、大量の車輪!
本物の車輪のフチはゴムで覆われているので、ツヤ消し黒にぬらなけりゃいけません。しかも、長時間かけて塗ったツヤ消し車輪の半分はほとんど陰になって見えないんです。だったら、ドロの汚し塗装かナンカでごまかせばいいものを、それはそれで許せなかったのでした。

ついに、ある日絶えられなくなってしまった!そして、ツヤ消し迷彩塗装にも嫌気がさしてきました・・・。

さて、戦車を卒業すると次のお決まりコースとして、男の子だったら必ず通過することになっている「クルマバイク」です。一時期は、クルマだったらすべてホットロッドに改造し、バイクだったらすべてチョッパーに改造する、という病気にかかりました。

revell_monzabox

そして塗装は、テクニックを駆使したメタリック塗装!当然?フロント部分はみんな「炎」ぼかし塗装!!
もちろんこの頃には、ピースコンを手に入れていました。でも当時は、手頃な値段のコンプレッサーが無くて、プラモデルと同じくらいの金額を、エアーボンベに費やしていたようです。

Revell-chopper


1960年代の目次に戻る_____エッセイの目次に戻る_____HOMEに戻る

powered by Quick Homepage Maker 4.16
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional